仕事効率が上がるオフィスのレイアウトにはこんなものもあります

オフィスレイアウトで仕事の効率を上げることができれば、経営者にとって嬉しいことはありません。経営戦略を練って教育をしたり何か企画したりしなくても、普段のオフィスが勝手に従業員のやる気をあげてくれるからです。一度レイアウトを整えてしまえばあとはオフィスにいるだけで、従業員が仕事をする気になってくれます。そんなオフィスレイアウトにはどのようなものがあるのか、これから移転などを考えている会社にとって気になるところでしょう。仕事の効率が上がるようなオフィスにはどのようなものがあるのか見て、参考にしてください。なかには気軽に真似できる方法もあります。わざわざお引越ししたり工事したりする必要なくオフィスレイアウトを変えることができたりもするので、一度自分の会社のオフィスと比べてみてください。

従業員が一息つける場所がカギとなる

工夫されているオフィスを見ると、従業員がリラックスできるような環境を整えているところが多いです。ハンモックや観葉植物が大胆に置かれていて独特の空間を出していたり、床が木目で目を和ませてくれたりしています。リフレッシュスペースにはコーヒーマシンが置かれていて自由に飲むことができたり、おやつが用意されているところもあります。なかにはテレビゲームやビリヤードができたりするところも存在します。こうした場所が用意されていると、残業が続いたり集中力が途切れてしまい仕事の効率が悪くなった時に、従業員が回復することができます。結果的に仕事の効率が上がるというわけです。仕事の合間に休める場所を作り、集中するときは集中して仕事をするという習慣を従業員にもたすことができます。

コミュニケーションがうまくいくような会議室に

殺風景な会議室だと出るアイディアも出ません。リラックスしてこそいろいろな意見を出し合い、本当に意味のある会議にすることができます。工夫されている会議室としては、南国のリゾート地のようなイメージにしているところもあれば、室内に畳を敷いてコタツを設けているところもあります。すべての会議室を同じような部屋にするのではなく、各部屋がテーマごとにレイアウトされていると気分を変えることができます。ガラス張りにするなどなるべく明るい空間を心がけて開放感をもたらしていると、社員の心もオープンになります。そしていちいち会議室を予約してしなければいけないというのも従業員にとって面倒なものです。ちょっとした会議をしたいけれど部屋を取るほどではない場合、立ち会議ができるような場所を設けとくと便利です。立ち会議であれば時間を無駄にするということも少なくなります。