やる気が出て仕事がはかどるオフィスのレイアウトの例

オフィスのレイアウトを少し変更することで、仕事の効率が良くなり、社員の集中力アップやモチベーションアップにもつながることが良くあります。もちろん、レイアウトを変えれば全てが良くなるというものではなく、その職場の仕事の内容や必要な社員間のコミュニケーションの在り方によって、最適なレイアウトは異なります。特に、最近では、社員間の人間関係が希薄で、仕事の悩みやわからないことを相談することができず、モチベーションが上がらないという事例もありますので、単に整然としたレイアウトにすれば良いというものでもありません。つまり、一人ひとりの社員が作業に集中しやすく、かつ必要に応じて社員間のコミュニケーションが図りやすいレイアウトが、やる気が出て仕事が図りやすいものだと言えます。

対面式及びスクール式レイアウトのメリットとデメリット

デスクのレイアウトとしてオーソドックスなものは、大きく分けると対面式とスクール式になります。対面式の場合、社員間でのコミュニケーションが取りやすく、管理者の目が行き届きやすいというメリットがあり、デスク間にスペースを設ける必要もありませんから、省スペースが図れます。デメリットとしては、正面や側面に社員がいるので、作業に集中しにくい、プライバシーが守られにくいということが挙げられます。スクール式は集中的に作業に徹する業務に適したレイアウトです。背後に管理者を配置するパターンが多いことから、社員管理が行いやすいというメリットがあり、見た目もとても整然としており安心感を与えます。デメリットとしては、デスク一つひとつが独立していますから、一定のスペースが必要ですし、チームで打ち合わせを行うことが難しく、コミュニケーションが図られにくいことが挙げられます。これらのレイアウトには、一長一短があり、作業の効率性と社員間のコミュニケーションが図りやすい環境の両方を同じ割合で兼ね備えるものではありませんが、仕事の内容によっては大きなメリットを生み出してくれます。

背面式レイアウトのメリットとデメリット

最近、多くのオフィスで採用されているのが、背面式レイアウトです。背面式レイアウトはデスクを前面にし、それぞれが背を向けて座るレイアウトですが、目の前に誰もいないため作業に集中しやすいメリットがあります。その上、側面や後ろを振り返れば、他の社員がいますから、相談を行ったりミーティングを気軽に行うことができますから、作業効率を確保し、社員間のコミュニケーションも図りやすいレイアウトと言えます。また、通路も社員の背面に確保するだけですから、省スペース化にも適していますし、社員間の距離が近いことから、チームとしての一体感も出てきます。デメリットとしては、管理者の配置が難しく社員を管理しにくいという点と、複数のチームを一つのオフィス内に配置する場合、仕切り等が必要となりコスト高となってしまう点ですがこれらのことを差し引いても、非常に有益なレイアウトです。