オフィスのレイアウトとはどんなことなのかを簡単に説明します

最近良く言われることの1つが、オフィスのレイアウトを変えてみよう、という話題です。しかし、オフィスにおけるレイアウトとは一体何なのでしょうか。また、レイアウトを変更する事によって、何か変化はあるのでしょうか。オフィスのレイアウトを変更することによる効果は、作業効率がよくなるという事が1番大きな効果です。現状での無駄なものをなくし、より使いやすく、作業のしやすい環境を整える事が重要になります。例えば、オフィス内に物が多すぎて作業がしにくく、従業員の移動ですらも困難な場合や、物が多すぎて必要な物がどこにあるのかわからない場合などは、レイアウトを変えることが必要となってくるでしょう。今回は、オフィスのレイアウトとはどのようなものなのか、それによってどのようなメリットがあるのかを紹介します。

オフィスレイアウトとはなんだろう

オフィスレイアウトとは、職場におけるデスクなどの配置や、棚などのインテリアの配置の事を指します。このデスクなどの配置はどんな形式でも良いのではなく、配置によっては作業がしやすくも難しくもなってしまうでしょう。レイアウトを考える時にいちばん大切なのは、働きやすい職場や環境を作ることができるかどうかです。仕事は毎日行うものですから、ムダがあるとそのムダが積み重なっていきます。塵が積もれば山となるように、ムダも積み重なると大きな損失へと変わっていきます。では、どのようにすれば環境をよくすることができるのか。まずは、現状で使いにくいところを変えてみるところです。通路がせまい、物が取り出しにくいなど、作業しにくい要因は様々でしょう。このような悪い箇所を変え、良くしていくことがオフィスレイアウト変更の目的なのです。

具体的にはどのようなレイアウトがいいのか

オフィスにおけるレイアウトでは、デスクの位置が最もかえやすい箇所だといえるでしょう。このデスクの形式にも複数あり、それぞれ用途や効果が異なります。例えば、グループでの活動が多い職場であれば、デスクを向かい合わせにする形式が良いでしょう。周りの同僚と話がしやすく、グループでのコミュニケーションが取りやすくなります。また、この方法は電子機器の配線がしやすいので、パソコンを良く使用する部署などにも良いでしょう。グループではなく個人での作業が多い場合には、小学校のように同じ方向を向いてデスクを置くことも良いでしょう。この方法は社員の管理がしやすく、誰がどこにいるかを把握し易い特徴があります。個人での作業が中心ですが、連絡する事が多い場合などに適しているレイアウトです。

日本一お客様を大切にするために、オフィスコンサルティングのベストパートナーとして、総合力を持って誠実にご対応します。 シックで高級感のある空間づくりから、遊び心溢れた交流の場になるスペースも社風に合わせた提案をいたします。 企業の魅力を引き出しブランディングを成功させるならフロンティアコンサルティングへ。 オフィスのレイアウトならフロンティアコンサルティング